スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィリピン人気ブログランキング 拍手する Bookmark and Share

あゝネオン街おもいで酒

ある日、地元の集いで宴を終え知人数人と赴いた界隈のあるフィリピンパブ。

場末感漂う寂れた店に十数人のくたびれた客と気力の無いババエたち。

知人の馴染みの店だと言うこの店、普段なら来ることもないじゃろう。
しばらくするとそれぞれの元へとりあえず女と呼べるババエたちが着座し挨拶を交わす。

いつものようにいつもの会話を繰り返し淡々と時間が過ぎていくのを待つだけのワシ。

すると遠くの席でワシたちをチラチラと見てはコソコソと不審な動きをするババエ数人。

若いババエたちがそんな行動を取っておったら期待半分不安半分なところじゃろうが、おばさんたちがそんな風なもんだから不安全開じゃ。

そのババエの中の一人がすくっと立ち上がりこちらにスタスタと歩いて来てワシの隣に座ったと同時にこう言う。

『あなたカウパーさん?』

『そ、そうじゃが。おぬし何者じゃ?』

ババエは不敵な笑みを浮かべ遠くの席のババエたちに目で合図を送る。

 こ、殺される!

するとそのババエが再度こちらに振り向き低い声でこう言った。

『なんで春子と別れたの?』

『は、春子!?』

『春子あそこにいるよ』

そのババエが小さく指差す先に春子がいた...。

この春子という女、ずっと昔ワシが数年お付き合いしておったババエじゃ。

尾張のある店で出会い、当時はワシよりずっと若い男と付き合っておった。

当時は見てくれもよくえろい体つきに達者な営業で太客も抱え常に売上上位を獲得するやり手の女じゃった。

春子が1stで来た時はほとんど会話もした事もなかったが、彼女が2回目の来日の時に急接近する。

その時付き合っておった同じ店の白子と訳あって別れた後、春子も若い彼と別れ何という巡り合わせかお付き合いするようになった。

...後日、春子の若い彼とワシの付き合っておった白子が付き合い始めたという話を聞いてこれぞ正にスワッピングと感心したものじゃ。

春子はとにかく激しい女じゃった。

毎日毎日、店が終わるとアパートまで呼びつけ朝まで情熱的な結合の毎日。

当時他にお付き合いしておった他店のババエどもの店まで行き暴行事件も数知れず。

まだ若いワシはこれこそ愛の証だと思っておった。

春子が来日して5ヶ月、帰国へのカウントダウンが始まろうとしておった。

毎日毎日帰りたくないと子供のように泣きじゃくる春子。

それからより一層激しい女へ変貌していった...仕事を放棄しタクシーでワシの家に逃げ出す事数度、その度説得し店まで送り届ける。

そんな苦痛とも呼べる彼女の言動に堪えながら、なんとか無事に春子は帰国していった。

そしてすぐ日本へ帰ってくる...そう恐ろしい事に当時のCWはすぐ帰ってくる。

日本へ着くなり電話が鳴る。

春子が帰国して傷心を癒そうとある店に行きある娘と恋に堕ちた。そして翌日デートした。そして今あるホテルで愛を確かめ合っている。

電話に出れる訳がない。

その女を家まで送り届け、とりあえず春子のアパートに向かう。

春子がキレている。殴りかかってくる。ワシもとりあえず殴る。大騒ぎの喧嘩になる。そして結合。

障子とピナはハメれば直る。名言じゃ。

スッキリした春子がワシに見て欲しいものがあると体のある部分を見せる。

ぬぉ!

『マハルの名前タトゥーした、漢字間違ってない?』

『漢字かよ!』

そして尚一層激しい6ヶ月が始まろうとしていた。

どんどん激しくなっていく春子は営業中のトイレでも、営業中のボックス席でも求めてきた。

ワシもできるプレイは何でもやった。恒例のウインナーも野菜も、考えられる全てのプレイをやった。

ある日、店から帰る時の事。

春子が店のドアから顔を出し見送る、いつもならここでお別れのはずじゃった。

店から出てきた春子は店の裏にワシを引っ張り『今欲しい』と言った。

(´゚ω゚):;*.';:ブッ

車の行き交う交差点から見えなくも無い際どい場所で、春子のスカートをめくりパンティを膝まで下ろしワシは後ろから結合した。

後処理はカゴに入った使用済みのおしぼり。

ワシと春子は変態の極みまで行っていた。

そんな変態たちにもいずれ終りはやってくる。

 ※この詳細は次回機会があれば書こうと思う。


春子と別れ幾年も過ぎ、忘れかけていたワシにそのババエはここに春子がいると言う。

『何で別れたの?春子今でもあなたの事・・』

『もう昔の事じゃ』

『もう一度話し合った方がいいよ』

『話すことなどないわい』

そんな沈黙の中、違うババエがワシの携帯を手に取りどこかに電話をした。

どうやら春子の番号じゃった...。

そんな時のババエたちのチームワークには驚かされる。

そうして店を出て数時間後、電話が鳴る。

春子からじゃった。

『いろいろごめんなさい』

『もう済んだことじゃ』

『会って話がしたい』

『もう話すことなどなかろう』

『会って謝りたい、お願い、お願いだから!』

春子の押しに根負けし少しだけ会うことにした。

本当に嫌ならワシも会わなかっただろう、事の真意を確かめたかったのか、ワシにまだ過去の過ちを許せるだけの愛があるのか、それとも...。

しばらくして春子のアパートの下、ワシと春子は久しぶりに顔を合わせた。

日が昇りかけ青白くなりかけた空の下、数分も続く沈黙にお互い切り出す言葉が思い浮かばない。

春子が重い空気の中こう言った。

『ごめんなさい...』

『・・・。』

『もうワタシのこと嫌い?』

『・・・。』

『はっきり言って!』

緊迫した空気の中、ワシは春子の手を取り歩いた...そしてワシの家まで連れて来た。

...何故だかわからんが激しく結合した。
...そしてタクシーに乗せて春子を帰した。
...携帯を開き、春子の番号を着拒した。

愛し合った日々、そして絶望、それを一気に思い起こさせる一日だった。

同時に’思い出は思い出のままが一番良い’と痛感した一日でもあった。


婆さんが帰国して二ヵ月後の出来事。

婆さん、ワシ危なかったよ。

一瞬、魔が差して裏切るところだったよ...何とか理性で踏みとどまったよ婆さん。


婆さん、今月いくらか送金するよ。
関連記事

Category 雑記 Posted 2009.10.21
フィリピン人気ブログランキング 拍手する Bookmark and Share


≪ 豚子さんがブヒブヒとウルサイです。

ジジイと孫娘の物語② ≫

Comment

裏切るところじゃった…って!



結合しちゃってるじゃん( ´Д`)


カウ爺さんの名前を一生背負って生きていく春子…



ん?


この前結合したババエに漢字のタトゥーあったな!


カウ爺さんの名前は確か…



あ!





カウ兄さん…



(´゜ω゜):;*.';:ブッ

2009.10.21 20:16 | URL | パオロ #- [edit]
あついですね! 人の人生の何倍も充実した愛の世界を垣間見た感じです。次待ってますよ!
2009.10.21 23:28 | URL | バルトリン #- [edit]
>裏切るところじゃった…って!
>結合しちゃってるじゃん( ´Д`)

激しく同意
2009.10.22 02:30 | URL | (▼▼) #bi94IFRw [edit]
孫の話が、あの様なかたちで終わって
残念でガックリ来てた所に、この話。

ちょっと似た様な経験があったんで
かなり胸を打たれていたのですが・・・

>婆さん、今月いくらか送金するよ。

この文の上の2行さえ無ければ・・・
は~ぁ 涙を流すほど感動したかもしれないのにぃ~

と言う事で、パオロさんと(▼▼)さんに激しく×2で同意します(笑)
2009.10.22 03:28 | URL | aki #NSFXwJtc [edit]
これがあそこの子なんですね!
可愛いじゃないですか!キュートじゃないですか!

うらやましいからマンション教えておくね(プ
2009.10.22 03:56 | URL | ジャン K.ピーノ #NkOZRVVI [edit]
> ※この詳細は次回機会があれば書こうと思う。

これはこれで読みたい・・・(´▽`*)アハハ
2009.10.23 23:03 | URL | ロコロコ #tQ725RIE [edit]
そうか...知らぬところで繋がっておったんじゃな...弟よ。

って、おい!(ブッ
2009.10.27 20:30 | URL | カウ爺 #- [edit]
ええ、濃いでしょ。
でもここまで来ると"熱い"を通り越して"暑苦しい"という本音(ブッ
2009.10.27 20:31 | URL | カウ爺 #- [edit]
とりあえずハァハァとなってしまう男のサガじゃのぉ...って終わったあと頭痛がしおったから婆さんの呪いに3000点(ブッ
2009.10.27 20:35 | URL | カウ爺 #- [edit]
奇遇にも同じような事があったとは...まぁ、最後の方の2行はいつもの"余計な一言"ちうことじゃ(ブッ

恋愛もいつも余計な一言で散らす悲しいジジイの性格(ブッ
2009.10.27 20:38 | URL | カウ爺 #- [edit]
いやいや、ある程度さらっと流して書いておるが結構しんどい女子じゃよ。
ジャンさんでも2、3日でお手上げかもしれんぞい(ブッ

最初は愛を感じるがそのうち身の危険を感じるようになる恐怖(ブッ
2009.10.27 20:41 | URL | カウ爺 #- [edit]
機会があれば(ブッ

と、言うより痴呆の進行具合によりけりじゃ(ブッ
2009.10.27 20:43 | URL | カウ爺 #- [edit]

Post comment

  • Name
  • Title
  • Mail
  • URL
  • Comment

  • Password
  • 管理者にだけ表示を許可する
フィリピン,フィリピーナ,Philippines

Trackback

trackbackURL:http://cowper.blog23.fc2.com/tb.php/85-6bf4ea54

Category

Comment

データ取得中...

Ranking




Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。